香美市で探偵事務所に夫婦の不倫相談を行い実態調査を依頼して報告してくれます

MENU

香美市で探偵事務所が不倫相談の調査でスタートする順序と内容

不倫の調査を探偵事務所にサービス相談でお願いし、調べた内容を伝えて見積り額を算出してもらいます。

 

調べ方、査察内容かかった費用に許諾できましたら事実上契約は履行する。

 

実際に合意を交わして本調査を進めます。

 

不倫の調査は、通常2人1組で行われることが通常です。

 

しかし、希望を報いて人数を順応させていただくことはできるのです。

 

当探偵事務所での不倫調査では、調査の中で連絡がまいります。

 

ので調べた内容の進捗度合いを常時とらえることができますので、常に安心できますね。

 

 

当事務所の調査での契約は規定で日数が決定していますので、規定日数分は不倫の調査が終了したら、リサーチ内容と全結果内容をまとめました報告書を受け取れます。

 

調査結果報告書では、細かく調査内容において報告されて、調査中に撮影した写真などが一緒に入っています。

 

不倫の調査以降、依頼者様で訴訟を申し立てるようなケースでは、これら不倫調査結果の調査内容、写真等は大事な裏付けに必ずなります。

 

不倫の調査を当探偵事務所へ要求する目当てとしては、この大事な証拠をおさえることにあります。

 

万が一、調査結果の報告書で結果でご満足いただけない場合、再度調査を依頼することも大丈夫です。

 

不倫調査結果報告書に同意していただいて契約が終わった場合、以上により今回依頼された不倫の調査は終了となり、大事な調査に関係した資料も当事務所で処分させていただきます。

香美市の不倫相談の後に探偵が言い逃れできない証拠を法廷に提出します

不倫調査なら、探偵事務所の事が思い浮かびますよね。

 

探偵という仕事は、お客様からの不倫調査依頼を受けて、聞き込みやターゲットの追跡、見張りの方法によって、依頼された目標の住所や行動の情報等を集めることを主な業務です。

 

当探偵事務所の調査内容は様々でありますが、特に多い仕事は不倫の調査であります。

 

やはり不倫調査はそれだけ多いのでございます。

 

秘匿性が重要とされる探偵の業務は不倫調査には絶妙といえますね。

 

当探偵に不倫調査依頼をしたら、その道のプロならではの経験やノウハウ等を駆使し、ご依頼人様が必要とされる情報や証拠をピックアップして報告してもらえます。

 

 

不倫調査のような作業は、少し前まで興信所に依頼が当たり前だったが、興信所は結婚する相手の身元確認、会社の雇用調査等が興信所にはほとんどであり、一般的な探偵業のような影で動くのではなく、目標の人物に対し、興信所から派遣された者であると説明します。

 

あと、興信所というところはさほど丁寧に調査をしないです。

 

周りへ聞き取り調査だけということもしばしばあります。

 

最近の不倫の調査依頼は、ターゲットが気付かないように身辺調査をしてほしい人が多くあるので、興信所よりも探偵の方がメリットはあります。

 

探偵社に対する法律は昔はありませんでしたが、ごたごたが発生したことから8年程前に探偵業の業務の適正化に関する法律が施行されました。

 

そのため、所轄の都道府県公安委員会に届出をしなければ探偵と名乗ることができません。

 

そのため信頼できる経営がすすめられていますので、信用して不倫調査を依頼できるのです。

 

何かあった時ははじめに探偵に相談することをおすすめしたいと考えます。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

香美市で探偵に不倫の調査を依頼した時の支出はどの程度?

不倫の調査におすすめは探偵への依頼ですが、入手するためには証拠等を脱毛に不服だった場合に、有益な分、かかる費用が高騰する動きがあります。

 

ですが、依頼する探偵事務所などにより料金は変わってきますので、いろいろな探偵事務所があるならその事務所ごとに料金は異なっているでしょう。

 

不倫調査の際は、行動調査という探偵員1人当たりに料金がかかるのですが、調査する人の数が増えれば増えるだけそれだけ調査料金がどんどん高くなるのです。

 

調査には、相手をつける尾行と結果を伝えるだけの簡単な調査のほかに、予備の調査と特別機材、証拠VTR、報告書で提出する基本的な調査があります。

 

行動を調査する手数料は、1時間ずつを一つの単位と決めています。

 

契約時間を超えて調査する場合には、延長するための費用があらためて必要になるのです。

 

調査する人1名あたり60min毎に延長料金がかかります。

 

 

尚、自動車を使用する場合には車両を使用するための料金が必要なのです。

 

日数×台数毎の費用で定められています。

 

必要な車両毎に必要な代金は変わります。

 

公共の乗り物等の交通費やガソリン代などの調査に必要な費用も別途、必要になってきます。

 

また、その時の状況に合わせてですが、特殊な機材などを使うときもあり、それにより代金がかかることもあります。

 

特殊機材の中には、暗視ビデオカメラや偽装ビデオカメラ、超小型カメラ、盗聴器、監視用モニターなど様々な機器があるのです。

 

探偵の事務所では様々な特殊機材を用いて高い調査力で問題の解決へ導くことが必ずできます。